店長的日々是口実(仮)

まんが喫茶の店長やってますが店の宣伝とかじゃなくて個人的な日記です

全記事の一覧

スポンサーサイトスポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイド服よ永遠にまんが


終わってしまったー「エマ」by 森 薫 全7巻ですか、そーですか。
いやー6巻のラスト読んだ時にはどうなるかと思ったんです。さらわれたエマが数奇な運命でも辿るのかと、そりゃもうドキドキでしたがね、まさか、こんなに早く大団円(とも言えないが、詳しく書くとネタバレになるので)を迎えてしまうのはファンの一人として喜んでいいやら悪いやら・・・
でもね、でもね、一つだけ確実に言えるのは
「エマ」さんはメイド服姿が一番似合ってて大好きだー!!
絶対そんな事思う人は居ないと思うが一応断っておくが
「エマ・シーン」さんではないぞ。確かにZは好きだがな。

ちなみに「シャーリー」面白いが「エマ」には負ける・・・キャラが。

スポンサーサイト

ヨコハマ買い出し紀行まんが


はぁーっと大きな溜息。
とうとう最終巻が出てしまいましたね、本誌連載が終わってたのは知ってたけど、こうして最終巻を手にすると一際感慨深い物があります。
思えば完全なる思い込みから内容などを勝手に推測して、手にとって見る事すらしなかった作品だったのに”ながやくん”の強烈なるお勧めに答えてパラパラと本を捲ったら
「おおおおおおおおおおおおおおおお、作者の人ごめんなさい! まさかこんな素晴らしい話だとは露知らず」食わず嫌いとはまったくこの事だと思い知らされました。

期待を裏切られて、こんなに嬉しかった事は滅多にないです、イイヨイイヨー。
速攻で(当時)既刊全巻揃えたのは言うまでもありません。
設定(世界観)はかなり暗めなんですが、そんな事これっぽっちも思わせない登場人物、主人公のアルファさん、タカヒロ、マッキ、GSのおじいさん、etc…
終末?の世界を描いた作品でこんなに心が温まるまんがを他に知りません、知りたくも無い。
時が流れ周りの景色は(人も含め)変わって行きますが、いつまで経っても変わらないアルファさんとカフェ・アルファ。いつの日か訪れてみたいものですね。

相変わらず内容なんて全く解らない解説(なのか?)ですが、店長の気持ちとしては中身を聞いて面白そうだと先入観を持って読み始めて欲しくないのです(じゃあ薦めなさんな)
なんか、変な人がイイヨイイヨーって言ってたけど、これがそうなのねって思い出してもらって、手にとってもらって、パラパラ読んでみて
「む!」
って感じた人が、その人也の解釈で何かを思ってくれたら嬉しいです。
なので、店の棚でも大きな宣伝はしません、たまに埃を払ってあげて、いつまでもソコに置いておこうかなと(笑)

ウチに来たら思い出してあげて下さいね。

読んだ漫画まんが

「あさっての方向」1・2巻
これイイ!キタコレ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
絵、中身いいです(ハンソン)最近流行の妹属性(イカン、またもや性格を疑われそうな発言)
小学生が大人に大人が子供に(まぁ体だけだが)なってしまう。
鍵は「願い石」叶えると炭になってしまう。
小学生の女の子”からだ”(なんつー名前だ)良く出来たお子さんです。それに比べて同級生のヤロー、祭りの夜にナニやってんだー!!
そして”からだ”のお兄ちゃんw の知られざる過去(イタタタタ)
なんとも我々オタ魂をくすぐる設定か。
はやく3巻でないかな。

「きょうの猫村さん2」
猫なのに家政婦、しかも優秀!特製ネコムライスを食べれば皆 幸せに! 今日も雇い主の家庭の幸せの為に頑張る猫村さん。

読んでください、説明なんか要りません、読めば全て解ります。
でも、湯煙りヴァージョン欲しかったなぁ。

「その他」
最近ハマった漫画は「バンビーノ!」
イタリアンレストランの厨房(またはホール)は戦場だった!
バイトでも何でもいい、飲食業で働いた人なら解るんじゃないだろうか? 現在4巻、まで出てます。 かなりお勧め!

「ラブロマ」全5巻
好き嫌いは分かれるだろうが、ギスギス・ドロドロの多い現代の恋愛事情(なんだそりゃ?)に疲れている人に。
ホッと出来る爽やかさ。
ウチの店にはまだ並べてないのだ(もう一組揃ったら出そう、今あるのは俺様用・・・駄目カ?)

やばい忘れてたまんが

やべー、「のだめカンタービレ」の新刊の事忘れてた。もう出ちゃったのか?
マングースの携帯クリーナーは是非ともGETしておかなければならないと言うのに。
今なら八百屋さんに買い物に行くついでに本屋へ、いや本屋では入手できない、やはりアマゾンだな、買えるのか?急ごう。 みんなも急げ!


・・・・・・続く

蒼穹のファフナーまんが

だいぶ前になるが店の新刊配本に「蒼穹のファフナー」1巻があった、読んでみて思ったのは「また謎から始まるのかぁ・・・(飽)」だった。こーゆーのは「エヴァ」で充分だよぉとか思ったのだが最近AT-Xでアニメを放映し始めたので録画しちゃってた、忙しくて観てなかったのだが、本日久しぶりに時間が取れたので1と2話を観た。
なんか本当に久しぶりにアニメを観た、最近はボウケンジャーカブトくらいしかTV観てなかった(どんな生活してんだ)ので新鮮に感じたんだけど・・・
1話「・・・・・エヴァ?・・・・」
2話「・・・・・バクライガ?・・・・」
ピピンとピント?」
うーむ、面白いとは思うけど、まだ現時点では何とも言えないなぁ、とりあえず8話までは録り溜めたから、なんとか観る時間を作ろう。
ん?続きを観る気になったって事は私的に面白いつー事ですか?
PS,なんで登場人物全員照れてるんですか?と思った(笑)キャラ設定の人のファンの人ごめんなさい(あらいずみるい氏だと思ってた)

柳沢きみおまんが

「特命係長 只野 仁」を読んでて、ふと思った。
作者の柳沢さんてスゴく息の長い漫画家だよなぁ・・・と。
店長が覚えているのは小学生の時に「温泉BOY」とか「女だらけ」とか新しい所で「月とすっぽん」「翔んだカップル」単純に計算しても30年以上描き続けてる訳だ。
30年続けているって言っても「ゴルゴ○3」の人とか他にも息の長い漫画家さんは大勢いるだろう、しかし作品数が凄いのだ、柳沢さんの場合。店長は、まんが喫茶の店長な訳だが、一つの棚が埋まってしまうくらいあるのだ。これは手塚先生や横山先生並だ、改めて本棚を見てみる、内容はそれぞれ、評価もそれぞれ、でも常にどこかで発表されてる気がする。
星の数ほどもある漫画家の中で常時どこかで作品を見かけるってのは、こりゃ凄いと思うんですけど、どうでしょう?>皆様

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。