店長的日々是口実(仮)

まんが喫茶の店長やってますが店の宣伝とかじゃなくて個人的な日記です

スーパーシート メイン 予告

スポンサーサイトスポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳沢きみおまんが

「特命係長 只野 仁」を読んでて、ふと思った。
作者の柳沢さんてスゴく息の長い漫画家だよなぁ・・・と。
店長が覚えているのは小学生の時に「温泉BOY」とか「女だらけ」とか新しい所で「月とすっぽん」「翔んだカップル」単純に計算しても30年以上描き続けてる訳だ。
30年続けているって言っても「ゴルゴ○3」の人とか他にも息の長い漫画家さんは大勢いるだろう、しかし作品数が凄いのだ、柳沢さんの場合。店長は、まんが喫茶の店長な訳だが、一つの棚が埋まってしまうくらいあるのだ。これは手塚先生や横山先生並だ、改めて本棚を見てみる、内容はそれぞれ、評価もそれぞれ、でも常にどこかで発表されてる気がする。
星の数ほどもある漫画家の中で常時どこかで作品を見かけるってのは、こりゃ凄いと思うんですけど、どうでしょう?>皆様

スポンサーサイト

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://idotomo.blog15.fc2.com/tb.php/32-22c15a1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。